2019年9月株主優待のつなぎ売りを9銘柄で追加!SMBC日興で

スポンサーリンク

2019年9月末の株主優待獲得に向けて、つなぎ売り(クロス取引)を9銘柄で新規追加しました。

銘柄名(コード)優待内容※価値※概算手数料※割引率私口座夫口座
モスフードサービス(8153)割引券1,000円141円85.9%100株100株
ゼンショーホールディングス(7550)割引券1,000円138円86.2%100株
ダスキン(4665)割引券1,000円160円84.0%100株100株
キーコーヒー(2594)コーヒー3,000円374円87.5%300株
長谷川香料(4958)クオカード1,000円113円88.7%100株
丸一鋼管(5463)お米券1,320円159円88.0%100株
ジャパンマテリアル (6055)クオカード1,000円69円93.1%100株100株
テクノメディカ(6678)米2kg600円122円79.7%100株
東亜ディーケーケー(6848)クオカード500円47円90.6%100株

※価値:米は1kg=300円として計算

※概算手数料:信用買⇒現引の手数料、信用売の手数料、金利の合計(金利は約定日の前日終値で、権利落日までの日数で計算)

※割引率=1-概算手数料/価値*100

ほぼすべての銘柄で80%割引以上の節約効果を発揮しています。

ジャパンマテリアルの株主優待「クオカード1,000円分」を手に入れるのにかかる概算手数料は69円です!69円で1,000円分のクオカードが手に入るのだから、相当お得ですね。

「つなぎ売り?」とクエスチョンマークが浮かんでいる人は、SBI証券公式HPの説明をご覧ください。

SMBC日興証券の一般信用売建を使いました

今回はSMBC日興証券の一般信用売建を利用して、つなぎ売りをしました。SMBC日興証券は信用取引の手数料がかからないので、安くつなぎ売りをすることができます(当然金利はかかります)。

手順は大雑把に言うと以下の3つです。

  1. 市場が閉じている時間帯に、一般信用売建と制度信用買い注文を同株数だけ成行で予約注文する。(そうすることで翌営業日の始値で売りと買いが約定する。)
  2. 翌営業日の市場が開いている時間帯に、制度信用買いしていた分に対して現引注文を出して現物株に戻す。(市場が開いている時間に注文が出せないなら、その日の夕方以降に現引注文を出す。)
  3. 権利付最終日の夕方以降、市場が閉じている時間帯に現渡注文を出す。

手順2の直前、信用建玉一覧画面に一般信用売建と制度信用買いが並んでいるところです↓

手順2の直後、信用建玉一覧画面から制度信用買いが消えて↓

現物株の方に移ったところです↓

あとは、このまま権利付最終日まで保有して、夕方以降に現渡注文を出すだけです。

いきなり「現物買+一般信用売建」でつなぎ売りをしても大丈夫ですが、信用取引手数料が無料になるSMBC日興証券では特に「信用買い⇒現渡」のひと手間を加えた方が格段に手数料が安く上がるはずです

自分で手数料を計算するのが面倒な場合でも、下のサイトのように自動で手数料を計算してくれる便利なサイトがいくつかあるので、お気に入りのサイトを見つけて使うと良いかもしれませんね。

ランタイム エラー

以前からつなぎ売りが完了していた5銘柄と合わせて、9月はこれで合計14銘柄でつなぎ売りが完了したことになります。

【2019年9月株主優待】かっぱ寿司など5銘柄でつなぎ売り完了
9月優待の獲得に向けてクロス取引(つなぎ売り)をした銘柄を紹介します。 カブドットコム証券とSBI証券の一般信用売建を利用したつなぎ売りをしているので、株価の下落を心配することもなく、株主優待の権利だけをもらっています。 5...
スポンサーリンク
つなぎ売り 投資記録
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました