TVとPCを1つにまとめる方法・苦労したこと・買った商品を紹介

スポンサーリンク

テレビとPCディスプレイをまとめてリビングをスッキリさせる

うちでは以前、リビングに「テレビ」と「デスクトップPC用ディスプレイ」が置いてありました。

そうすると、狭いリビングに大きいディスプレイが2つもあって圧迫感が…なんだか落ち着かない印象のリビングになっていました。

お福
お福

もっとシンプルに生活したい!ディスプレイに囲まれる生活なんて嫌だ!

ということで、現在はテレビに本来の「TVとしての機能」と「PCディスプレイとしての機能」の2役をこなしてもらっています。PC用のディスプレイは処分しました。

具体的には、テレビボードのオーディオデッキを置けるスペース(DVDプレイヤーなどを置く場所)に横置きの自作PCを設置し、50型テレビとPCをHDMIケーブルでつなぐことで、テレビをPCディスプレイとしても使っています。

PCとTVのディスプレイを1つにまとめるには、

  1. PCにテレビの機能を持たせる方法(テレビは不要になる)
  2. テレビにPCの画面を映しだす方法(PCディスプレイは不要になる)

の2つが考えられます。うちでは2番の方を採用しています。

そんなにTVを観る方ではないので、当初は1番から検討を始めました。でも、PC用テレビソフトの番組表機能や録画機能に不満があったこと、Windows Updateとそれに対応したソフト側のアップデートのタイムラグ、自分が使っていたOSのバージョンはそもそもサポートされていなかったことなど、欠点の方が目について断念し、結局は2番の方法に落ち着きました。

ということで、この記事では、テレビにPCの画面を映し出すことでリビングのディスプレイを減らすときに「苦労したこと・気を配ったこと・実際にそろえた商品」などを紹介します。

リビングPC用に最適なテレビボード

クリアするべき条件は多い!

実際に考えてみると分かるかもしれませんが、テレビとPCのディスプレイを1つにまとめようとすると、PCとテレビボードのちょうど良い組み合わせを探すのにかなり苦労します。

テレビ兼PCのテレビボードを探すときに重視したのは以下の点です。

  • 横置きPCを置けるだけのデッキスペースがあるか?(サイズ的な問題)
  • デッキスペースはオープンになっているか?(扉があるとPCの排熱に問題がある、電源のON・OFFが面倒、ディスクトレイが開いたときに扉に干渉する、など問題あり)
  • コード収納が充実しているか?(テレビ兼パソコンとなると周辺機器もあわせてかなりの数のコードが入り乱れる)
  • コードを隠せるか?(リビングなのでできる限りすっきりさせたい)
  • 高級感があるか?
  • つくりは丈夫か?
  • 無線LANルーターを置けるか?(リビングでPC・パソコン等が有線接続だと見た目も悪い)
  • 無線LANルータを収納しても電波が妨害されない仕組みか?
  • 録画用HDDを収納できるか?
  • 収納機能は十分か?

内寸・外寸の表記がないので検討のしようがないテレビボードもたくさんありました。私の場合、ちょうどよいテレビボードを探すのに1ヶ月以上かかりました。

下のテレビボードとPCケースの組み合わせだと、上記の条件が絶妙にクリアされ、とても満足しています。

オープンなデッキスペースに横置きPCを配置

うちでは商品写真の左側のデッキスペースに自作PCを設置しています。右側には録画用HDDとノートパソコンを置いています。

パソコンが自作になるので、パソコン組み立ての知識がないとできないのが最大のデメリットです。一応うちのPC兼テレビの構成を載せておきます。

部品商品名
PCケースSilver Stone スリムHTPCケース SST-ML03B
電源ユニット玄人志向 KRPW-SS600W/85+
マザーボードAsus Prime H270M-PLUS
cpuCore i5-7600K
CPUクーラーCooler Master 風神スリム RR-GMM4-16PK-J1
メモリ4G×4Q4U2400CM-4G [DDR4 PC4-19200 4GB 4枚組]
HDD1TB×2ST1000LX015(×2個)
SSD 120GBBX300 CT120BX300SSD1
DVDドライブGH24NSD1 BL BLH
モニター(薄型TV)AQUOS LC-50W35 [50インチ]
録画用HDDHD-NRLC2.0-B

配線機能が絶妙!豊富なスペースと「隠せる」工夫

テレビボードには背面に配線を隠す機能や、コードを通すスリットなどがついていて、かゆいところに手が届く親切設計になっています。電源タップすら隠せるようになっています。

うちでは、下の電源タップがテレビボード背面の収納スペースに2つも隠されています。

豊富な前面収納スペース(無線LANへの干渉はほぼない)

前面の収納スペースも充実しています。

無線LANルーターは右の扉の中に収納しています。ノートPCやプリンターは無線LAN接続で使っています。木の扉なので購入時はスピードが出るかちょっと不安でしたが、うちの環境では動画を見ても特にストレスを感じないスピードでつながっています。

左側の扉には、書類など、中央下の収納スペースにはリモコン類、デジカメ、ビデオカメラ、救急セット、綿棒、爪切りなど、リビングで使う小物類がたっぷり入るので部屋がすっきりします。

リビングPC兼テレビ用ディスプレイに必須!2画面表示機能

テレビを見たい人とパソコンをしたい人がかぶったときでも、AQUOSの2画面表示機能付きのテレビなのでテレビにPC画面とテレビ番組を同時に映し出すこともできます。テレビの画面が左右で分割されて、片方にテレビ画面が、もう片方にPC画面が映し出されます。

また、マウスとキーボードは無線でPCとつながっているので、ダイニングテーブルに座りながらパソコンの操作もできるので、とても便利です。

ロジクール製品でそろえて受信用のレシーバーを1つにまとめています。使っているマウスはロジクールのワイヤレスマラソンマウスM705t、キーボードはワイヤレスキーボードK360rです。

マウスの方ですが、M705tは今となってはもう古くなってしまっているので、今買い替えるとしたら私ならSE-M705を選びますね。

スポンサーリンク
買い物
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました