スポンサーリンク

楽天カード対REXカード!月間利用額いくらから損得が入れ替わる?ポイント還元で比較しました

【高還元率カード比較】損得分岐点は?楽天カード対レックスカードクレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天カード対REXカード

日々の暮らしに欠かせないクレジットカード。我が家では、年会費無料で還元率が高いクレジットカードを使って、少しでも家計を節約するようにしています。

うちで使っているクレジットカードは主に2つ。業界トップクラスの高還元率を誇るREX(レックス)カードをメインのクレジットカードとして、楽天カードをサブのクレジットカードとして使っています。

主な使用場面
REXカード常時1.25%以上の高還元率を誇り使用場面を選ばないので、公共料金や保険料などの定期的な支払いや外出先での決済、ネットショッピングの支払い、ETCカードの支払いなど、支出のほとんどの場面でREXカードを使用。メインのクレジットカードとして活躍中。
楽天カード楽天グループのサービスと相性が良く、REXカードよりも還元率が高くなる場面を選んで利用中。(楽天市場での買い物ではREXカードより還元率が高くなる。また、楽天証券での投資信託の買付でポイントが貯まるのは楽天カードだけ。)

年会費無料でポイント還元率が高いことで有名な楽天カードとREXカード。

どちらがよりお得なのかを、ポイント還元に焦点をあてて比較しました。還元率、ポイント付与条件などは、2019年8月現在手に入る情報をもとに計算しています。

2つのカードを比較した結果、月の累計利用額に応じて有利・不利が入れ替わることが分かりました。

ポイント還元の基本スペックを比較

楽天カードとREXカードを比較するために、まずは両カードのポイント還元に関するスペックを比較します。

楽天カードREXカード
ポイント還元率1.0%~1.25%~
貯まるポイント楽天スーパーポイントREXポイント
ポイント付与条件利用金額100円ごとに1ポイント利用金額2,000円ごとに25ポイント
端数の処理利用金額の端数は切り捨て(月額累計に対して)利用金額の端数は切り捨て(月額累計に対して)
ポイント交換1P=1円で楽天市場等の決済に利用可、1P=1円で楽天証券での投資信託の買付に利用可、他多数利用方法あり1,500P=1,500円でJデポに交換(1,500円キャッシュバック)または1,500P=300マイル(ANA)に交換

還元率では楽天カード<REXカード

ポイント還元率を単純に比較すると、1.0%の楽天カードに対して1.25%のREXカードの方に軍配が上がります。

ポイント交換先の豊富さは楽天カード>REXカード

楽天スーパーポイントは様々な交換先から使用場面を選ぶことができるので、生活スタイルに応じて使える楽しみがあります。

一方でREXカードは、Jデポに交換して翌月以降のクレジット請求金額からの現金割引として使うのがお得で、交換先を選ぶ楽しみは減りますが、節約を重視したい人にはより合理的な仕様になっています。

端数処理条件では楽天カード>REXカード

利用金額の端数に対する処理は、どちらも「月間利用額累計に対して端数を切り捨てる」仕様になっています。

2つのカードの間で差が出てくるのは、楽天カードは100円ごとに切り捨てるのに対して、REXカードは2,000円ごとに切り捨てになるということです。なので、端数処理の条件では楽天カードに軍配が上がります。

例えば、月利用額累計が3,999円の場合、楽天カードでは99円を切り捨てた後3,900円分に対して1%のポイントが付き39ポイント獲得できるのに対して、REXカードは1,999円を切り捨てた後2,000円分に対して1.25%のポイントが付くので25ポイントしか獲得できないことになります。

還元率と端数処理、両方を考慮に入れて比較

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。還元率と端数処理の両方を考慮に入れた場合、結局はどっちのカードがお得なのでしょうか?

結論から言えば、楽天カードは、月間利用額が小さいほど有利に、一方で、REXカードは月間利用額が大きくなるほど有利になります。

損得分岐点は月間利用額6,000円前後

還元率と端数処理の影響を同時に考慮すると計算が少し複雑になるので、横軸を月間利用額、縦軸を獲得できるポイント数にして、分かりやすくグラフにまとめてみました。

月間利用額が0円~2万円の場合に獲得できるポイント数は下のグラフのようになります。青がREXカード、赤が楽天カードを使った時のポイント獲得数を表しています。

月6,000円以下の利用では、楽天カードのポイント獲得数がREXカードのポイント獲得数を上回るケースが多くなっています。月間利用金額が少ない場合、基本的には楽天カードの方が有利になります。
月6,000円以上の利用になると、REXカードが楽天カードを安定して上回るようになります。特に、利用額が10,000円を超えたあたりからは、利用額が大きくなればなるほどREXカードの方が有利になっていきます。

もう少しスケールを大きくして、月間利用額を0円~10万円にして比較すると下のグラフのようになります。

やはり、利用金額が大きくなればなるほどREXカードの方が有利になることが分かります。

REXカードを使う場合、REXカードをメインのクレジットカードにして、スマホの利用料金や電気代等の公共料金など、なるべく多くの支出をREXカードに集中させることで、よりお得になります。ポイント還元の観点から見た場合、目安として月間利用額が1万円より少なければ楽天カード、1万円より多ければREXカードを選んだ方がお得になります。

REXカードはポイントの有効期限に注意

REXカードを使う場合は、ポイントの有効期限に注意が必要です。REXポイントの有効期限は、大きく2段階に分かれています。

  1. REXポイントの有効期限=ポイント獲得後2年間
  2. Jデポの有効期限=交換後3ヵ月間

REXポイントの有効期限は、ポイントの獲得から2年間なので、2年以内に最低交換単位分の1,500ポイントは貯める必要があります。1,500ポイントを貯めるためには、2年間で12万円、1ヵ月で5,000円は使えば良いことになります。

また、REXポイントをJデポに交換した場合、Jデポの有効期限は交換後3ヵ月間になります。なので、交換以後3ヶ月以内に少なくとも交換したJデポ分以上はREXカードを使用しないと、せっかく交換したJデポが無駄になってしまいます。

Jデポとは|ジャックス
お客様のジャックスカードショッピングご利用金額から、登録されているJデポ金額を差し引いてご請求させていただく値引きシステムです。

ポイントの有効期限から考慮した結果からも、やはりREXカードはメインのクレジットカードとして使った場合に最もメリットが生かされることになります。

ハピタスを経由してからクレジットカードの新規発行をするとお得

REXカードや楽天カードなど、クレジットカードを新規に発行したい場合、ハピタスを経由させることをお勧めします。たったそれだけで数千円程度のお小遣い(ポイント)が手に入るかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレジットカード
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました