スポンサーリンク

シンプルでおしゃれな白いキッチンワゴンを購入!キャスター付きバスケットトローリーLBT-3(WH)

買い物

最近家の中を整理してても、どうしてもスッキリしないキッチン。必要なものしか手元に残していないはずなのに物が収まりきってない感じがしたので、キッチンの収納を増やすことにしました。

欲しいと思ったのはイケアのキッチンワゴンだったのですが、残念ながら田舎に住んでいるので近くにイケアはありません。近所にあったら散歩がてら毎日のように通うのになー。

たくさん類似商品が出ている中、山善のバスケットトローリーLBT-3を買いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キッチンワゴンLBT-3(WH)が到着

注文して3日後くらいに到着しました。

実は私、物を組み立てるのとかものすごく苦手です…主人が仕事から帰ってくる時間まで待とうかと思ったのですが、

お福
お福

とにかく早くキッチンのごちゃごちゃをなんとかしたい!

自分で組み立てることにしました。結論から言うと、あまり難しい作業もなかったので無事組み立てることができました。良かった!

私の場合バスケットトローリーLBT-3はキッチン収納として使用するつもりで購入しましたが、キッチン以外でも活躍してくれそうな収納ワゴンです。

口コミを確認したところ、小学生のランドセル置きやリビング学習用として使用していたり、赤ちゃん用品のおむつやおしりふきをまとめる収納として使用していたり、デスク横の物置きとして使用していたり。

とにかく様々なシーンで活躍しているようです。

色はこの通り、ホワイト、アイボリー、ターコイズブルー、ダークブラウン、ブラック、ライトグレーの6色から選べます。ホワイトにしようかアイボリーにしようか悩みましたが、最終的に飽きにくいという理由で白を選びました。

段ボールを開けるときはカッター禁止です。せっかく買った商品に傷がついたら困りますからね。

発泡スチロールをどけると、棚がお目見え。

箱に入っていたものを全て出してみました。細かなパーツはほとんどなく、簡単に組み立てられそうなものばかりです。

説明書を見ながら、組み立てました

組み立て説明書は1枚のみ。他に取り扱い説明書が2枚入ってました。

さっそく組み立てていきます。フレームを組み立てます。

脚部フレームを入れ替え、パイプを回して取り付けます。工具などは必要なく、手でなんとかなる作業です。

次はバスケットの取り付け作業です。こちらのテーパースリーブを使用します。

ポール部分にテーパースリーブをはめて、バスケットを取り付けたい位置を決めます。

下の段のバスケットをはめ込みました。

同じように真ん中と上のバスケットも好きな位置にテーパースリーブを取り付けた後、はめこんでいきます。

真ん中のバスケットをはめ込んだ様子です。

全てのバスケットを取り付け終えました。

キャスターを付けました

次は本体にキャスターを取り付ける作業です。キャスター4個、スプリングワッシャー5個そしてスパナが付属していました。

スパナを使用しながら、キャスターを取り付けていきました。

出来ました!タイヤの動きは思っていた以上にスムーズで動かしやすいです。ストッパーはついていません。

完成しました

最後に各段が水平になっているか確認したらもう完成です。

上から見るとこんな感じです。バスケットがメッシュ状になっているので、ホコリやごみが貯まりにくそう。

組み立て苦手でも無事完成しました!とっても簡単な作業でしたよ。

少しキズ・凹みありました

バスケットの中をよく確認してみると、少しだけキズを見つけました。

あとは凹みも。ほとんどわからない程度なので、このまま使い続けます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
買い物
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました