スポンサーリンク

フッ素加工なのが超便利!お菓子やパン作りに貝印スリムパウンド型(中)

お菓子

今までパウンドケーキを焼くときは、保存容器として活躍しているiwakiのパック&レンジの細長な容器を使用していました。

お福
お福

保存容器としても使えるし、ケーキ型としても使用できるなんて一石二鳥だ!なんて思っていたのですが…

ガラスなのでどうしても生地がくっついてしまうのが難点でした。

敷き紙を使用しましたが、なんかその作業がものすごく面倒で。もっとお手入れラクラクでスルッと型から抜けるパウンド型が欲しくなったので、貝印(Kai Corporation) スリムパウンド型 Kai House Select DL6155を購入しました。

さっそくケーキを焼いてみましたがあまりにも使い心地が良くて、今までの苦労は何だったんだろうと感じてしまいました。もっと早くから買っておけばよかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スリムパウンド型 (中)DL6155の紹介

パウンドケーキだけでなくミニ食パンやミートローフ用の型としても使用したかったので、一度に2個買いました。

ひっくり返すとこんな感じで、とってもシンプルな作りです。

袋から出した状態です。

取り扱い説明が書かれた紙が1枚入っています。

お手入れ方法や製品寸法が紹介されています。製品寸法は外寸で9.1×22.2×6.2cm。アマゾンの商品ページではサイズ:8.7×21.5×6cmと紹介されていますが内寸なのかな?

取り扱い注意点に気を付けながら、長く使い続けたいです。寒天やゼリーなど冷菓用に使用しないでくださいと書かれているのは意外でした。

キッチン用品関連でお世話になることが多い貝印株式会社の商品。嬉しい日本製ですね。

「こびりつきにくいテフロンセレクト加工でお手入れもかんたん」とカイジェルシュさんも言ってます。この貝印のキャラクターを初めて見かけましたが、ゆるキャラグランプリにも出場してるらしいです笑。順位はちょっと微妙なようですが。

ゆるキャラグランプリ公式サイト
ゆるキャラグランプリ公式サイト

2枚重ねるとこんな感じです。

すっきり収まって、全然かさばりません。さすが貝印!質の良いもの作ってるなと感心しました。

さっそくパウンドーケーキを焼いてみた

パウンドケーキの作り方が書かれていたので、参考にしながらバナナパウンドケーキを焼いてみました。

左がいつも使用しているレシピで焼いたもの。右がDL6155の型に付属していたレシピを参考にしながら作ったもの。

ケーキを取り出す際はひっくり返すだけでどちらもスルッと型から抜けて、型にこびり付いたのはほんの少し。洗い終わるのもあっという間でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お菓子
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました