ナチュラルで素敵!北海道で作られた木のお椀【エンジュの木製】で心温まる食卓へ

スポンサーリンク

家族で使用していたプラスチック製のお椀がだんだん古くなってきて塗装が剥げてきたので買い替えました。

味噌汁が頻繁に登場する我が家の食卓では、お椀はほぼ毎日登場しています。なくてはならない存在。そのため、お椀はちょっとこだわって選んでみました。

次の3点に絞って、自分好みのお椀を探しました。

  1. 素材が良い
  2. 日本製
  3. 木製

結果、購入したのは北海道産のエンジュの木製お椀。使い始めてほぼ1年経ちますが、今でもうっとりと見惚れてしまうぐらい素敵なお椀です。

北海道産エンジュの木製お椀

使い心地

サイズは縦約8センチ×横約12センチ。

お味噌汁用として使うお椀にしては少し大きめサイズです。うちには幼児から大人までいますがつぐ量を調整して使うことで、問題なく家族で同じお椀を使用できています。

具沢山の味噌汁や豚汁などにはちょうど良い大きさのように感じます。スープ、ミニ丼、ミニうどんなどにも使用できるため、幅広く活躍してくれるお椀です。

お福
お福

えんじゅの木から作られているそうですが、えんじゅってどんな木なんでしょう?

調べたところ北海道でも数少ない木のようで、材質がとても堅くて木の目が美しい所から、高級柱材としても利用されることが多いそうです。

到着した時の様子

段ボールに入った状態で配送されてきました。開けると、新聞紙とプチプチで梱包されていました。

お椀はそれぞれ小箱に入った状態でした。

小箱を横にしてみましたが、しっかりとした造りの箱でした。包装紙に包んで誰かにプレゼントしても恥ずかしくないです。

小箱を開けてみると木製のお椀が紙に梱包された状態で入っていました。

お椀はこんな感じです。木の香りはきつくなく、あまり軽すぎません。ちょうど良い重さ。

お椀を横にしてみました。木目が美しくて思わずうっとり見惚れてしまいます。形もなんだかほっこりとするフォルムで可愛らしいです。

ひっくり返すとシールがついていますが、ちゃんと取れました。

小箱から全て出した状態です。

1個1個手作りの為、微妙に形が異なります。

丁寧に作られていることが伝わってきます。職人の細かな手作業のおかげで、使い心地はかなり良い感じです。

使用上の注意点

使用するときは、次のことに注意しなければいけないようです。

  1. 洗剤や堅いもので洗わない。
  2. 長時間、水やお湯に浸さない。
  3. 使用後、水ですすぎ洗いした後カラ拭きする。
  4. ひび割れ、水漏れの原因になるため食洗器に入れない。

正直言って、水ですすぎ洗いした後すぐにはカラ拭きしていません…。そしてなんやかんやで長時間水に浸った状態になってしまってることも多々あります。

そこまで神経質になって扱わなくても大丈夫なのかもしれません。全て自己責任ですけどね。

感想

エンジュの木製お椀で家族が食事をする姿を見ると、心がなんだか温かくなります。ナチュラルな感じがやっぱり素敵です!

木地も加工も国産なのにも関わらず良心的な価格で買うことが出来ました。割れずらく、丈夫で長持ちするらしいので、引き続き大事に使用していきたいと思います。

スポンサーリンク
買い物
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました