スポンサーリンク

ファイナンスの入門書にお勧めの1冊!お金はサルを進化させたか

投資を学ぶ

先日、図書館で「お金はサルを進化させたか よき人生のための日常経済学」という本を読みました。この本は「よき人生のために」いかに賢くお金と向き合えば良いか、身近な事例も交えながら初心者にも分かりやすくまとまっています。ファイナンスの入門書としてお勧めの1冊です。

お金だけで幸せになれるとは限らないけど、現代社会を生きていくうえでお金はなくてはならないもの。

内容が分かりやすいからといって専門性がないわけではなく、ファイナンス理論、金融工学、確率論、統計学、行動経済学などの根拠がしっかりと示されているのも良いところ。

第一章で、私たちのお金の使い方を「消費」「投資」「投機」の3つに分類するところから始まり、一気にサラっと読めました。

個人的には「築年数」と「立地」を条件にして割り出した割引率を使って不動産の現在価値を計算する方法が一番面白かったです。

スポンサーリンク

野口真人氏の著書ではこちらも人気があるようですね↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資を学ぶ
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました