S&P 500のシラーPER(CAPEレシオ)を確認する方法

スポンサーリンク

シラーPER(CAPEレシオ)とは?

シラーPER=株価÷インフレ調整済みの過去10年間の1株当たり純利益の平均値

株価の割高・割安を測る指標。シラーPERが25倍以上になると割高と言われる。

  • インフレ調整をすることで一般的なPERと比較できる。
  • 過去10年間の1株当たり純利益の平均値を使うことで、一時的な要因を排除できる。

S&P 500のシラーPERを確認する方法

海外のサイトですが、Shiller PE RatioでS&P 500のシラーPERについて色々なことを確認できます。

  • 現在のシラーPER
  • 1872年~現在までのチャート
  • 平均値
  • 中央値
  • 最小値
  • 最大値

ちなみに2020年8月14日時点のシラーPERは31.04。平均値は16.73。過去最高は44.19(1999年12月)、最低は4.78(1920年12月)でした。

シラーPERだけに頼って株の割高・割安を判断するのは良くないと個人的には思いますが、少なくとも今は過去の水準よりもやや高めのシラーPERになっているようです。

【時間を味方につけよう】株式市場に「見逃し三振」はないのです
株式市場には見逃し三振がない 株式市場には見逃し三振がない。すべての球をスイングする必要もない。絶好の球が来るまで待つこともできる。ただ、もしあなたがプロのファンドマネージャーなら話は別だ。顧客から「おい!スウィングしろよ!役立たず!」と...
スポンサーリンク
投資を学ぶ
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました