バンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動を段階的に終了へ

スポンサーリンク

日本拠点での営業活動を段階的に終了へ

バンガード・インベストメント・ジャパンから公式発表がありました。

この度、日本拠点での営業活動を段階的に終了し、日本支社である当社を閉鎖することを決定致しましたので、ここにお知らせ致します。

バンガードETFや楽天バンガードの商品等は存続

バンガードETF®および日本のビジネスパートナーとの共同ブランドファンドの投資対象商品は、現在と変わりなく、引き続きバンガードの海外拠点にて運用を行ってまいりますので、ご安心頂ければと存じます。(但し、香港上場ETFは今後変更の可能性がございます。今後の取扱いについては、こちらの香港証券取引所のお知らせをご参考ください)

日本の証券会社経由で投資可能な米国ETF(VTI, VT, VOO, BNDなど)や、日本の運用会社と提携して提供されている楽天バンガード、SBIバンガードなどは、とりあえずこれまで通り投資できるというのが不幸中の幸いでしょうか。

私も、VT、 VTI、 楽天・全世界株式インデックス・ファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンドに投資をしていますが、今後も変わらず分配金再投資・積立投資をしていこうと思います。

上海をアジアの活動拠点とする方針

ロイター通信によると、日本だけでなく、香港からも撤退して、今後アジアでの活動拠点は上海にする方針だそうです。

米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点
米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。

また、日本経済新聞の報道によると、「今後は積極的な販促や新商品の投入をしない」そうです。

米運用大手バンガード、香港・日本撤退 中国本土に…(写真=AP)
【ニューヨーク=宮本岳則】米資産運用大手バンガード・グループは26日、中国・香港と日本市場向け投資商品の販売事業から撤退することを明らかにした。成長の見込める中国本土市場に経営資源を振り向ける。米ブ

そうなってくると、VTやVTIの日本語版のサイト、公式サイトの日本語版を通じた、日本の投資家へのメッセージ配信も、そのうち無くなっていく可能性も視野に入れておかなければいけないのかな、と思います。

結局のところ、日本での営業活動ではコストに見合った営業収益が得られない、と判断されたのでしょうから、寂しい話ではあります。バンガード・インベストメント・ジャパンがこれまで日本にもたらしてくれた超低コスト投資信託・ETFへの投資環境の拡充、投資哲学の普及・発信に感謝しつつ、これからは日本からバンガードのような会社が発展していくことを願うばかりです。

スポンサーリンク
マネー
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました