家族5人暮らし:3LDKから2LDKの賃貸住宅に引っ越しました

スポンサーリンク

少し前になるのですが、3LDKのメゾネットタイプの賃貸住宅から2LDKの戸建て住宅(約21坪)に引っ越しました。

お福
お福

ちなみに引っ越した先も賃貸です。今は資産を増やすことに集中したいので、マイホームを建てるのはまだまだ先になりそうです。

夫婦と子供3人の5人暮らし。現在長女は小学5年生、次女3年生、長男1年生です。

今後子供たちが成長していく事を考えると住まいのサイズダウンする時期じゃないだろう!と思われるかもしれませんが、意外と心地よく生活出来ています。

部屋割りはどうしてるの?

個室は2部屋しかありませんが、8帖ほどの広めの部屋は長女と次女2人の部屋にして6帖ほどの部屋は長男の部屋という感じで分けています。

私と夫には部屋がないので、子供部屋のクローゼットに自分たちの洋服などの持ち物を入れるスペースを確保して使用しています。正直これで何とかなっちゃってます。

寝るときは長女次女が2人の部屋で一緒に眠り、私と夫が長男の部屋で3人川の字になって寝ています。

お福
お福

今後長男が成長して一緒に寝ることを拒むようになったら、夫婦でリビングに布団を敷いて寝ようと計画しています。

住まいを小さくしたメリット

家賃が下がった

3LDKの家・・・7.5万円
2LDKの家・・・6.5万円(現在)

月々の家賃が1万円下がり、何もしなくても年間12万円の節約に成功しました。

固定費が削減されるのは家計にとっても大助かりです。

自由に伸び伸び暮らせるようになった

今まで住んでいたメゾネットタイプの住宅は、隣の住人の生活音が気になることが度々ありました。住み始める前に不動産屋さんには「しっかりした造りの家なので、音は気にならないはずですよ」と言われましたが、そんなことありませんでした。

ファミリータイプの物件だと紹介されていたのに、いざ住んでみたら隣に住んでいたのは子なしの夫婦。奥さんはちょっと変わった人で、嫌がらせもされ、ストレスのたまる毎日でした。

(もう終わったことなので、これ以上詳しく書くつもりはありませんが…)

現在住み始めた戸建ては学校からも近いのもあって住人は子育て世代だらけ。隣の家との距離はわりと近いですが生活音はほとんど聞こえてきません。細かいことを気にせず伸び伸びと暮らせる戸建ての環境が、我が家の生活スタイルに合ってて気に入ってます。

家族の距離が近い

小さな家なので必然的に家族で顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションをとっているように感じます。学校の先生にもびっくりされるくらい子ども同士仲良しです。もちろんたまに喧嘩もしてますけどね。

子供部屋は一応ありますがリビングで過ごす時間が圧倒的に多く、心地よい暮らしに繋がっています。

お福
お福

子供4人で2LDKに住んでるご家庭もあるように、ライフスタイルは人それぞれ。他の人が実践している生活の知恵やアイディアを取り入れながら、我が家ももっと快適に暮らせるようにしたいです。

番外編

光熱費が…なんと下がらなかった

家が小さくなったら、光熱費は下がる物だと信じていたのですが…うちは上がってしまいました。

以前の住まいに比べて浴槽が大きくなった分、水道代が膨らんでしまっているようです。どうにかならないかと家族会議をしながら対策中です。

スポンサーリンク
節約 5人家族2LDK暮らし
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました