ガストで外食!株主優待を使って家族5人でレジの支払い27円に節約

スポンサーリンク

昨日の夜は、家族5人でガストに夕食を食べに行きました。

お福
お福

食事代は全部で5,027円。でも、すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待カードを使ったのでレジでの支払いは27円、実質負担額は約1,123円でした。

つなぎ売りで獲得した株主優待カードを使用して節約

今回は、2019年12月末にSMBC日興証券のつなぎ売り(一般信用売建+制度信用買→現引)を利用して獲得した、すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待券を使いました。

株主優待を低リスクで獲得する方法とは!?

獲得した優待カードの内容とつなぎ売りにかかった概算コスト(金利+手数料)は次のとおりです。

つなぎ売り株数獲得した株主優待カード概算コスト
私の口座500株18,000円分3,065円
夫の口座1,000株36,000円分8,768円
合計54,000円分11,833円

株主優待つなぎ売りの優待価値・概算コストについての補足説明

実質支払い額は1,123円

お福
お福

家族5人の夕食代5,027円に対して、5000円分は株主優待カードから、残りの27円分をクレジットカードで支払いました。

家計から負担した金額は次のようになります。

実質支払い額=5000円分の株主優待カードの取得にかかった費用+レジでの支払い額

ですので

実質支払い額=11,833円×5,000円÷54,000円+27円=約1,123円

つなぎ売りを上手に利用して株主優待を取得すれば、家計の節約になります。

スポンサーリンク
優待使用
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました