トリドールHDの株主優待と割引券を併用して丸亀製麺の外食代を節約

スポンサーリンク
お福
お福

たまには外食で家事から解放されて息抜きがしたい!

ということで、家族5人で丸亀製麺にお出かけしてランチタイム。

丸亀製麺で株主優待券と割引券を併用

株主優待券1,800円分と割引券(天ぷら100円引き)を併用して、衝撃の節約ランチになりました。

2,790円分食べて、レジでの支払い総額は990円。

家計の負担額は実質1,255円で、55%以上の割引価格でランチをいただいたことになります!

スポンサーリンク

55%以上の割引を実現した方法

ずばり、今回大幅な割引が実現したのは、割引券と株主優待券の併用のおかげです。

ちなみに、株主優待券をゲットする場合、「一般信用売建を利用したつなぎ売り」というテクニックがお勧めです。株価の変動によるリスクをうけずに、株主優待券をもらうことができるので、節約感覚で株主優待を楽しむことができます。

家計負担1,255円の内訳

今回使用した株主優待券は、2020年3月に権利を取得したものです。4,000円分の株主優待券を約565円のつなぎ売りコストで獲得しました。

家計負担額=レジでの支払い額株主優待の取得費用

ですので、

家計負担額=990円1,800円×565円/4,000円=約1,245円

お福
お福

株主優待制度と一般信用売建を利用したつなぎ売りを組み合わせることで、外食代を驚くほど節約することができますよ。

スポンサーリンク
優待使用 節約
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました