ほぼ手作りの自家製草餅団子が美味!きな粉はバイタミックス・あんこは圧力鍋で作りました

スポンサーリンク

十五夜の日に子供たちのおやつにお団子を作りました!

いつもは十五夜って何だか忘れてしまいがちなんですけどね、今年は十五夜の可愛らしい手ぬぐいを家の中に飾っていたせいか覚えていました。

どんなお団子を作ろうかなと考えていたのですが、ちょうど家にもち粉、乾燥ヨモギ、大豆、小豆があったので草餅団子にきな粉とあんこをつけて食べることにしました。

ほぼ手作りの草団子

草団子の作り方

まず水の中に乾燥ヨモギを入れてふやかしておいて、そのあともち粉に入れて水も加えて混ぜ混ぜ。

こちらのレシピを参考にしながら作りました↓

あんこときな粉も手作り

残っていた小豆が少量だったので、もっと買おうかと検討したのですが、年末に向けて家の中の食品を大掃除というか絶賛消費中なので結局買わずに済ませました。あんこは圧力鍋で炊きました。

きな粉は乾燥大豆をフライパンで色が付くまで炒めて、少し冷ました後にバイタミックスでウィーーーン!!

こちらのバイタミックスを使用しています。

高速回転でしばらく回して細かな塊が残ってないか確認した後、取り出すとあっという間にきな粉の完成です。

こんな感じで出来上がりました。

仕上げの作業

あとは子供たちが学校から帰宅してくるのを待って、おやつの時間に仕上げの作業です。

リビングのテーブルにIHクッキングヒーターを置き、その上で鍋をぐつぐつ。沸騰したら、お団子を入れていきます。

しばらく経って、お団子が浮いてきたら完成。取り出していきます。

お皿の上に並べました。

あとは適当に爪楊枝をさしてお団子にしていきました。

爪楊枝を指す作業は子供たちにやってもらおうと思っていたのですが、なんだか楽しくなってしまって私がやってしまいました。

お福
お福

きな粉をまぶしたり、あんこをのせたり、両方だったり。みんな好きなように食べながら喜んでくれましたよ。

満月を全然鑑賞せずに美味しいお団子だけ食べて、大満足な十五夜でした。

スポンサーリンク
お菓子 料理
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました