5人家族2LDK暮らし:リビングに置いてある日本製タモ材のローテーブル座卓が大活躍

スポンサーリンク

2LDKの戸建て賃貸住宅に夫、私、5年生の長女、3年生の次女、1年生の長男の5人で生活しています。

我が家には椅子付きのダイニングテーブルはありません。リビングにローテーブルの座卓を置いて生活しています。

この座卓がとても大事な役目を果たしていて、自然と家族が集う場所になってます。

食事をとる時も、宿題をする時も、テレビを見る時も、パソコンで作業する時もすべてここ。

ちなみにコンパクトな暮らしのためにTVとPCを1つにまとめて生活しています。

このローテーブル、実は予算よりもずっと高い買い物だったんです。

国産で天板はタモ突板、脚部はタモ無垢材の為、なかなか良いお値段になってしまうのも仕方がないことなのですが…

夫

本当にこんなに高いテーブルが必要なの?

と購入を悩んでいた時に主人に聞かれたこともありました。

買おうか相当悩みましたが、木のナチュラルな温もりが気持ちよく、シンプルなデザインで飽きが来なくて思い切って購入して良かったと思っています。使い始めて5年が経過しましたガタつきもありません。

幅は150cm、奥行き85cm、高さ33.7cm。

同じタイプのテーブルで他に2サイズありますが、一番大きい150cmのものを選んで正解でした。

子どもたちが同時に宿題に取り組むスペースが確保されてますし、家族5人で食事をとる時も十分な広さです。

宿題が終わった後は鉛筆の汚れがついてることが多いです。濡れ布巾などで取り切れない場合はメラミンスポンジを使用します。

メラミンスポンジを濡らしてから汚れた部分を軽くこすると、あっという間にきれいになります。

床を傷つけないように、毛糸で編んだお手製の脚カバーをつけています。

掃除がしやすいように今の時期はカーペットなどを敷いていません。座布団のみ使用しています。

もう少し寒くなってきたら、カーペットを敷く予定です。

スポンサーリンク
買い物
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました