大塚せつ子さんの白神こだま酵母パン―ふんわり自然派、からだにやさしいを参考にしながらベーグルを焼きました

スポンサーリンク

先日、ママ友の家で子連れランチ会がありました。1人1品持ち寄りという事で、何を作ろうか悩みましたがベーグルを焼いて持っていくことにしました。

ベーグルはもう何百個焼いたかわからないぐらい手作りしてます。家族にも友達にもファンが多いです。

いつも参考にしているレシピは、大塚せつ子さんの白神こだま酵母パン―ふんわり自然派、からだにやさしいに載ってます。

せっかくなのでプレーン以外のベーグルも作りたいと思って、朝からバタバタと焼き上げました。

大量に作る時に手ごねだと大変なので、パンこね機使用。大正電機のKN-1000を使っています。

手ごねも楽しいですが、ニーダーを使うと手が空く分、作業がラクです。

焼きあがりました

ベーグルは4種類焼きました。

プレーンベーグル

まずはいつも焼いてるプレーンベーグル。

いつも通り、つや良くふっくらと焼きあがりました。

チーズベーグル

プレーンベーグルにチーズを適量かけて焼いたチーズベーグル。

焼いてる時間にチーズの香ばしい匂いが部屋中に広がって、幸せな気分になりました。

ごまベーグル

プレーンベーグルのレシピに大さじ3の黒ゴマをいれて作った黒ゴマベーグル。

黒ゴマベーグルは初チャレンジ。黒ゴマ大さじ3は多いかなと心配だったのですが、食べてみたら全然そんなことありませんでした。美味しかったー。

チョコベーグル

子連れランチ会なので、子供たちが喜びそうなチョコレートベーグルも作りました。

生地はプレーンベーグルのレシピにココアパウダー大さじ2を足して、中にチョコチップを巻いて焼き上げました。

生地が開いちゃってるベーグルを発見。まだまだ修行が足りませんね。

ベーグルセットにしました

焼いたベーグル全部持っていくのはさすがに多すぎるので、形が良いものを2こずつ厳選してベーグルセットを作ってみました。

こんな感じでおぼんにハロウィン柄のシートを敷き、ベーグルとクリームチーズと自家製ジャムをのせて友人宅へ。みんな美味しいと喜んで食べてくれましたよ。

スポンサーリンク
パン 料理
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました