スポンサーリンク

【時間を味方につけよう】複利のマジック!投資は雪だるま式です

投資を学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

単利と複利の違い

「複利は人類最大の発明」 アルベルト・アインシュタイン

複利は、20世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタインをして「人類最大の発明」と言わしめた素晴らしい仕組みです。

複利とは何なのか?複利の意味を理解するためには、単利との違いを知る必要があります。

単利は当初の元本に対して毎年同じ利子がつくのに対して、複利では元本も毎年の利子もどんどん増えていきます。そして、時間が経過するにつれ、複利と単利の差はどんどん広がっていきます。

当初元本100万円・利率が年率5%の場合で、単利と複利を比較してみましょう。

単利(毎年同じ利子が付く)複利(利子が利子を生む)
1年目105万円

(元本100万円、利子累計5万円)

105万円

(元本100万円、利子5万円)

2年目110万円

(元本100万円、利子累計10万円)

110.25万円

(元本105万円、利子5.25万円)

3年目115万円

(元本100万円、利子累計15万円)

115.7625万円

(元本110.25万円、利子5.5125万円)

10年目150万円

(元本100万円、利子累計50万円)

162.8895万円

(元本155.1328万円、利子7.7566万円)

10年目の時点で比較すると、複利では約163万円まで増えているのに対して単利では150万円に留まっています。

複利は雪だるま式

複利の効果はよく「雪だるま式」と例えられます。

運用開始1年目には、元本に利子が付くだけなので複利と単利に差はありません。複利がすごいのは2年目以降です。翌年には元本に利子を加えてやや大きくなった元本に更に利子が付きます。翌々年にはますます多くなった元本に更に大きくなった利子が加わり…、これが運用期間中ずっと続きます。

それは雪だるまが大きくなれば大きくなるほど新たな雪を集める面が大きくなり、更に大きくなりやすくなるのに似ています。

より大きな雪だるまがさらに多くの雪を集めるのと同じように、複利運用では利子が元本を大きくし更に大きくなった元本が更に多くの利子を集める好循環を生み出すことができます。

投資は複利運用で雪だるま式に増えていく

投資をした場合、資産は複利運用で雪だるま式に増えていきます。

話を単純にするために投資収益が毎年一定だと仮定して、複利運用の破壊力をシュミレーションしてみましょう。

投資収益が年率5%、運用開始時の元本が100万円、その後は資金を追加投入せずに30年間運用した場合、単利と複利で資産がどのように増えていくのかをシュミレーションしました。

年率5年%(単利)年率5%(複利)差(複利ー単利)
1年後1,050,000円1,050,000円0円
10年後1,500,000円1,628,895円128,895円
20年後2,000,000円2,653,298円653,298円
30年後2,500,000円4,321,942円1,821,942円

30年後、単利運用では250万円までしか増えていませんが、複利運用では約432万円まで増えました。30年間で元本が4倍になった計算です。単利との差はなんと約182万円にもなります。

グラフにしてみると、運用期間を長くとればとるほど複利運用が有利になっていく様子が分かります。

実際には、毎年の投資収益にばらつきがあるため、特に投資期間が短い場合には上のグラフ通りにはいかない可能性が高くなります。また、つみたてNISAや確定拠出年金などの非課税口座でない限り、運用益に対しては20.315%(2019年現在)の税金がとられるので、実際に手元に残るお金は評価額よりも少なくなります。

資産運用は長期投資が基本です。複利運用の利点を最大限に生かすためにも、運用期間は最低でも10年、できれば20年~30年程度は取りたいものです。

【時間を味方につけよう】株式市場に「見逃し三振」はないのです
株式市場には見逃し三振がない 株式市場には見逃し三振がない。すべての球をスイングする必要もない。絶好の球が来るまで待つこともできる。ただ、もしあなたがプロのファンドマネージャーなら話は別だ。顧客から「おい!スウィングしろよ!役立たず!」と...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資を学ぶ
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました