【時間を味方につけよう】資産運用の王道は長期・積立投資

スポンサーリンク

毎日300円消費VS毎日300円積立投資

Aさんは20代前半の若いサラリーマン。コーヒーが大好き。コーヒー代に毎日300円ずつ使います。
Bさんも20代前半の若いサラリーマン。コーヒーが大好き。でも将来のため、コーヒーを買う代わりに投資信託を毎日300円ずつ積み立てています。

そんな生活が30年間続いてAさん・Bさんは60代になりました。

さて、ここでクイズです。

Aさんのコーヒー代は30年間でいくらになるでしょう?

Aさんが30年間で使うことになるコーヒー代はいくらになるでしょうか?計算方法は単純です。

300円×365日×30年間=3,285,000円

毎日300円の支出でも30年間継続することで凄いことになるんですね。30年間毎日300円ずつ使うと、それだけで328万5千円もの支出になるんです。「ちりも積もれば山となる」です。節約の大事さを思い知らされる結果ですね。

30年契約の保険商品だとして「掛け金は1日たったの300円」と言われれば他愛もないことに感じますが、「掛け金は30年間で合計328万5千円」と言われたらちょっと身構えてしまいます。同じことを違う言い方で言ってるだけなんですけどね。

人間の脳は直感的にものごとを考えがちなんでしょうね。

Bさんの投資信託は30年後にいくらになるでしょう?

Bさんが30年間毎日300円ずつ積み立てた投資信託は、30年後にいくらになるでしょうか?投資信託の年率平均リターンが6.5%だったと仮定します。

楽天証券の積立かんたんシュミレーションを使います。(毎月の積立額を300円×365日÷12ヶ月=9,125円としました。)

元本(積立金額)運用収益合計(評価額)
3,285,000円6,808,875円10,093,875円

左側が評価額の推移です。投資の複利運用効果が効いて曲線を描いています。右側の棒グラフの水色部分が元本(積立金額)を、青色の部分が運用収益を表しています。

300円積立×365日×30年間=10,093,875円
(年率平均リターン6.5%の場合)

たったの300円でも30年間毎日投資信託を積み立てることで評価額が1,000万円を超えています。Aさんのコーヒー代のときとは大違いです。

資産運用の王道が長期・積立投資だと言われている所以がここにあります。

【時間を味方につけよう】複利のマジック!投資は雪だるま式です
単利と複利の違い 「複利は人類最大の発明」 アルベルト・アインシュタイン 複利は、20世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタインをして「人類最大の発明」と言わしめた素晴らしい仕組みです。 複利とは何なのか?複利の意味を理解する...

投資に使えるまとまった資金が手元にないのであれば、信託報酬が0.2%程度で広い範囲に分散効果の効いたノーロード投資信託をコツコツと積み立てていくのがお勧めです。SBI証券や楽天証券などのネット証券では、100円から積み立て投資ができるところもあるので、資産運用に自信がない場合にはまずは少額から始めてみるのも手かもしれませんね。

【資産運用をした方が良い理由】資産運用とはお金に働いてもらうこと
お金の増やし方は3種類ある れぽにゃん もっとお金があればいいのになぁ。 お福 お金を増やす方法はすごくシンプルです。なぜなら、お金を増やそうとすれば、結局のところ次の3つ...

資産運用をする場合はくれぐれも余裕資金で行うことをお勧めします。

【資産運用の始め方】自分のお金を3つに分けて余裕資金で運用しよう
自分のお金を3つに分けて余剰資金で資産運用をする 資産運用を始めたいんだけど、いくらから始めたら良いのかな? 資産運用を始めようと思ったとき、どれぐらいの資金を手元に残して、どれぐらいの資金を投資に回...

資産運用を全くせず現金だけで資産を持つというのもある意味極端な行動で、思わぬリスクを抱えているかもしれません。

資産運用を「しない」ことが危ない?全資産を現金で持つことのリスク
資産運用を「しない」ことが危ない? 資産運用と聞くと「危ない」とか「怖い」というイメージを持っている人が多いですよね。私も10年以上前はそうでした。もしかしたら自分の資産が減ってしまうかもしれないのですから、普通は怖いと思いますよね。 ...
スポンサーリンク
投資を学ぶ
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。
夫婦で年間122万円の積立投資(つみたてNISA80万、iDeCo42万)を継続中です!

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ
タイトルとURLをコピーしました