人間の脳は直感に頼り合理性に欠ける投資判断をしてしまうものです

スポンサーリンク

リターンは少しでも確定し、リスクは全面的に回避したいのが人のサガ

先日図書館でふと手に取った『アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇』という本。人間の脳は直観的な感覚に支配され合理的な判断を下すことが難しいという事実を、簡単な実験を交えながら面白おかしく学べる本でした。

後で調べたら、行動経済学の世界ではそういうのを「フレーミング効果」と言うそうです。

ということで、いきなりですがフレーミング効果を体感するための問題です(細かい設定はうろ覚えだったので適当にアレンジしています)。

目の前に1,000万円があります。あなたは1と2のどちらを選びますか?

  1. コインを投げて表が出たら1,000万円もらえます。裏が出たら1円ももらえません。
  2. コイン投げに参加しなければ確実に500万円もらえます。

選択肢1では1円ももらえない場合があることがどうしても気になってしまいます。そこで、確実に500万円をもらえる選択肢2の方が好まれる傾向があります。リターン(利益)は小刻みにでも確実に手に入れたいのが人間のサガです。

もう1つ問題です。

あなたには1,000万円の借金があります。1と2のどちらを選びますか?

  1. コインを投げて表が出たら借金は帳消しになります。裏が出たら借金は1円も減りません。
  2. コイン投げに参加しなければ、あなたの借金は確実に500万円残ります。

選択肢1では50%の確率で借金が無くなる可能性があることが魅力的に映ります。逆に選択肢2では借金が確実に残ってしまうことが気になってしまいます。なので、選択肢1の方が好まれる傾向があるようです。

人間の脳は「リターンは限定的にでも確定させたい。リスクは全面的に回避したい。」と本能的に考える傾向があるようです。

そう言えば、ふと気づくとポートフォリオの中が塩漬け株で一杯に…なんて経験ありませんか?私はあります。

ちょっとでも利益が出ている銘柄は利益確定をすることで満足感が得られます。逆に、損失を抱えた銘柄はいつか株価が回復するのを期待してずっと持ち続けてしまうのが人ってものですよね?本当はそれじゃダメだと理屈では分かっているんです。

仮に同じ金額を利益確定をした場合と損切りをした場合では、利益確定の喜びよりも損切の苦痛の方が大きいとも言われていますね。

人間の脳って本当に不思議です。

こういう人間の脳の不合理さに惑わされることなく、効率的に・機械的に資産運用をするためには、ドルコスト平均法によるインデックスファンドの積立投資やロボアドバイザーが万人受けするのでしょう。

私はロボアドバイザーは手数料の高さが気になって辞めてしまいましたが、つみたてNISAと確定拠出年金を利用したインデックスファンドの積立投資だけはこれからもずっと続けていくつもりです。

焦らず慌てず、のんびりと、時間を味方につけるのが個人投資家の流儀だと思うのです。

資産運用を「しない」ことが危ない?全資産を現金で持つことのリスク
資産運用を「しない」ことが危ない? 資産運用と聞くと「危ない」とか「怖い」というイメージを持っている人が多いですよね。私も10年以上前はそうでした。もしかしたら自分の資産が減ってしまうかもしれないのですから、普通は怖いと思いますよね。 ...
タイトルとURLをコピーしました