スポンサーリンク

【損失への恐怖】人間の脳は投資には向かないようにできている

投資を学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

損失と利得に対する評価:損失を極端に嫌う性質

先日『お金を話そう。』という本を読みました。お金との付き合い方や投資の基本的な考えが、Q&A形式で分かりやすくまとめられている本でした。

本の中でも一番興味深かったのが「合理性で捉えられない損失への恐怖」という部分でした。

私たちが損失と利得をどのように評価するのかが、行動経済学の観点(ダニエル・カーネマン教授のプロスペクト理論)から紹介されていました。

結論から言うと、私たちの脳には損失を極端に嫌う性質があります。50%以上の確率で得をするようなチャンスが与えられても、損失の可能性がちらついただけで及び腰になってしまい、そのチャンスをものにできないのが人間の心理なのだそうです。

分かりにくいのでコイン投げのゲームで確認してみましょう。

コイン投げのゲームがあります。コインの表が出たら、あなたは1万円もらえます。裏が出たら、5,000円没収されます。あなたはこのゲームに参加しますか?

裏が出たら損をしてしまうかもしれないのが嫌でこのゲームに参加しない方を選択してしまってはいませんか?確率的には、このゲームは参加者に有利な仕組みになっていることが分かります(期待値は+2,500円)。

ギャンブル的な要素が漂うだけでなんとなく悪いことなんじゃないかと思わされてしまうのが不思議ですね。でも、得をする可能性の方が高いのであればそのチャンスを積極的につかみに行くのが正解なはずですよね?

本の中では、さらにもう1つの実験を通して、人間の脳が損失そのものを回避する傾向(損失回避性)があることが示されています。

私たちが資産運用や投資をすることをためらうのは、この損失回避性が大いに影響していると言えそうです。脳が直感的に感じることに惑わされることなく、合理的な判断を下そうと意識することが資産運用や投資をしていく上でカギになりそうです。

人間の脳は直感に頼り合理性に欠ける投資判断をしてしまうものです
リターンは少しでも確定し、リスクは全面的に回避したいのが人のサガ 先日図書館でふと手に取った『アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇』という本。人間の脳は直観的な感覚に支配され合理的な判断を下すことが難しいという事実を、簡単な実験を交...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資を学ぶ
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました