スポンサーリンク

【資産運用の始め方】自分のお金を3つに分けて余裕資金で運用しよう

投資を学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分のお金を3つに分けて余剰資金で資産運用をする

資産運用を始めたいんだけど、いくらから始めたら良いのかな?

資産運用を始めようと思ったとき、どれぐらいの資金を手元に残して、どれぐらいの資金を投資に回せば良いのでしょうか?

どれぐらいの金額までなら投資に回しても大丈夫なのかを知りたいときには、自分のお金を次の3つに分けて考えるのをお勧めします。

  1. 近いうちに使うお金(生活費+数年以内に使用用途が決まっているお金)
  2. 万が一に備えるお金(病気、事故、失業などに備えるお金)
  3. しばらく使わないお金(1、2以外のお金)=余剰資金
この3つのお金のうち、投資に回すのに適切なのは「しばらく使わないお金」になります。

近いうちに使うお金

「近いうちに使うお金」は、月々の生活費や、教育費・住宅の頭金・車検代など5年以内を目途に使用用途が決まっているお金のことです。生活の根幹を成す大事なお金なので、投資資金とは切り離して安全に保管しておくことをお勧めします

万が一に備えるお金

「万が一に備えるお金」は、急な事故・ケガ・病気・失業などで収入源が途絶えたときに、生活を立て直すまでに必要なお金です。生活費の6ヵ月分程度のお金を準備しておけば問題ないはずです。

ただし、生活の状況や医療保険・自動車保険の契約内容などに応じて、6ヶ月分では不安な場合には、もっと多めに資金を準備しておくのも良いかもしれません。逆に共働き世帯でお互いをカバーし合える場合には、3ヵ月程度の資金を準備しておけば大丈夫かもしれません。

あくまでも家庭の事情と自分の性格に合わせて、安心できる金額を用意しておくことが大切です。

「万が一に備えるお金」は、生活を防衛し自分や家族を守るために必要なお金なので、投資に回さないほうが良いでしょう。

しばらく使わないお金(余剰資金)

資産から「近いうちに使うお金」と「万が一に備えるお金」を引いて最後に残った分が「しばらく使わないお金」になります。この「しばらく使わないお金」こそ投資に回すのに最適なお金になります。

特に目的もなく定期預金口座に積み立てているお金や、少しずつ貯めてきた貯金のうち、5年~数十年先まで使う予定のないお金があったら、全世界の株式市場や債券市場に合わせて値動きするインデックスファンドやETFに「長期・積立・分散」投資をしてみてはいかがでしょうか?

株価が値下がりしても回復を待てるだけの時間的余裕をもてるかが大事

スポンサーリンク

誰もが自分の資産を増やしたくて資産運用を始めます。でも、資産運用をしていればいつかは必ず一時的な資産価値の値下がりや暴落に遭遇するものです。そんな時ほど「しばらく使わないお金(余剰資金)」で投資をしているかどうかが大事になってきます。

例えばリーマン・ショックの時を例にして考えてみましょう。リーマン・ショックの直後には、アメリカの代表的な企業で構成されるS&P 500指数でも、高値圏から50%以上も鋭く値下がりしました。実際にリーマン・ショック前後の2007年から2011年までのS&P 500指数の値動きを見てみましょう↓

チャートの真ん中あたり、2009年頃にリーマン・ショックの影響から大きく値下がりしているのが分かります。直前の高値が1,550前後なのに対して、リーマン・ショック後には680ぐらいまで下げています。

50%以上の値下がりなので、例えばリーマン・ショックの直前にS&P 500指数に10,000ドル分投資をした人は、短期間で資産評価額が5,000ドル以下まで下落したことになります。

もしも「近いうちに使うお金」や「万が一に備えるお金」を元手に投資をしていた場合、このような状況で平常心を保つのは難しいと思います。

特に損失が甚大になることが予想されるのは「近いうちに使うお金」を元手に投資していた場合です。それこそ「近いうちに」生活の必要感から大なき損失を抱えたまま投資を手仕舞いして現金化することになったはずです。その時手元に戻ってくる資金は投資元本の半分以下、しかもそれを生活費にしてしばらくの間生活しなければなりません。

一方で「しばらく使わないお金」を元手に投資していた場合にも、かなり動揺するとは思います。でも、時間的に余裕がある分、暴落から株価が回復するのを待っていることもできます。

先ほどのチャートの続きを見てみましょう。チャートの期間を2007年頃から2019年の8月現在まで伸ばすと、まったく違った景色が見えてきます。

リーマン・ショックの影響から、2009年には680まで下落したのち、2013年頃にはリーマン前の水準に回復、2019年8月現在には2880前後まで成長しています。

相場に左右されることなく平常心を保ち「長期・積立・分散」投資を貫くためには、その投資元本が「しばらく使わないお金」から出されていることが重要なのです。

【資産運用をした方が良い理由】物価上昇とお金の実質的価値の関係
物の値段は時代とともに変わる 物の値段は時代とともに変わっていきます。身近なところでは、自動販売機のジュースが100円だった時代もありましたが、今は130円ですし、ラーメンは数十年前には1杯数十円だったという話も聞きます。 総務省統...
投資信託に迷ったらe MAXIS Slim全世界株式だけでもOK
迷ったらe MAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 資産運用を始めたいけど何を買えば良いか分からない 投資に関する専門的な知識が少ない 投資にあまり時間をかけたくない 投資が趣味なわけではない ...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました