スポンサーリンク

BND(バンガード米国トータル債券市場ETF)’19年9月分配金

投資記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BNDから分配金を受け取りました

BND(バンガード米国トータル債券市場ETF)から2019年9月の分配金を受け取りました。

VTIやVTの購入用にドル転して余ったドルや、米国債の利金を再投資したときに余ったドルで3株買っただけなので、配当金も微々たるものですね。たったの54円です(笑)

ちなみにBNDの直近12ヵ月の分配金は以下のとおりです。直近1年の利回りは約2.314%になっているようですね。

種類直近の分配金実績権利落ち日支払基準日支払開始日
Income$ 0.188202019/09/032019/09/042019/09/06
Income$ 0.193412019/08/012019/08/022019/08/06
Income$ 0.194462019/07/012019/07/022019/07/05
Income$ 0.193482019/06/032019/06/042019/06/06
Income$ 0.194792019/05/012019/05/022019/05/06
Income$ 0.199612019/04/012019/04/022019/04/04
Income$ 0.183672019/03/012019/03/042019/03/06
Income$ 0.198352019/02/012019/02/042019/02/06
Income$ 0.198322018/12/242018/12/262018/12/28
Income$ 0.192032018/12/032018/12/042018/12/06
Income$ 0.194372018/11/012018/11/022018/11/06
Income$ 0.183422018/10/012018/10/022018/10/04

SBI証券では、2020年に満期を迎える米ドル建て債券を10,000ドル分もっています。満期を迎えたら、元本はそのままBNDの購入に充てようと考えています。

ETFから定期的に分配金が入ると嬉しい

ETFよりも投資信託の方が分配金再投資の効率が高いのはもちろんです(毎月分配型の投資信託は除く)。

でも、ETFにはETFの良さもあって、分配金収入が定期的に、目に見える形で入ってくるのでモチベーションの維持には間違いなくプラスの効果があると思います。

これからもコアの部分では投資信託を使って運用していきますが、スパイス的に海外ETFも使っていきたいです。

【時間を味方につけよう】複利のマジック!投資は雪だるま式です
単利と複利の違い 「複利は人類最大の発明」 アルベルト・アインシュタイン 複利は、20世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタインをして「人類最大の発明」と言わしめた素晴らしい仕組みです。 複利とは何なのか?複利の意味を理解する...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資記録
この記事を書いた人
お福

30代主婦。家族5人暮らしで、毎日子育てに奮闘中です。教育のこと、投資のこと、節約のこと、暮らしのことについて記事を書いています。

お福をフォローする
お福をフォローする
かぞくれぽ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました