投資を学ぶ

投資を学ぶ

書評:タレブ著『まぐれ-投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』

ナシーム・ニコラス・タレブ著の『まぐれ-投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』を読みました。 新規性 実用性 信憑性 読みやすさ 繰り返し読みたいか? ...
投資を学ぶ

インデックス投資をする理由:どうしてインデックス投資をするのか?

インデックス投資をコアに運用する理由 我が家の投資方針は、市場全体を広範にカバーした投資信託やETFへの投資、いわゆるインデックス投資を中心にしています。その理由は、企業には寿命があるのに対して、市場そのものには寿命がないと思うからです。...
投資を学ぶ

長期投資では「天気」よりも「気候」を重視したいと思う理由

天気・天候・気候の違いは? お福 「今日の東京の天気は晴れです。」とは言いますが、「今日の東京の気候は晴れです。」とはいいませんよね。 天気は短期的な現象、気候は長期的な現象を指し、天気→天候→気候...
投資を学ぶ

『ブラック・スワン』は人間の思考に潜む根本的な欠陥を考える本

ナシーム・ニコラス・タレブ氏の『ブラック・スワン』と『ブラック・スワン』を読み終わりました。 以前、サラっと流し読みをしたことはあるのですが、途中で断念。今回は再チャレンジということで、時間をかけてじっくりと読み直しま...
投資を学ぶ

長期投資の心得【バンガード日和とは?】市況に惑わされない習慣

お福 「バンガード日和」って言葉、知ってますか? 「バンガード日和」とは? ボラティリティが高まると投資家の度胸が試されますが、これを『バンガード日和』、つまり規律ある低コストの長期的資産運用が役立...
投資を学ぶ

S&P 500のシラーPER(CAPEレシオ)を確認する方法

シラーPER(CAPEレシオ)とは? シラーPER=株価÷インフレ調整済みの過去10年間の1株当たり純利益の平均値 株価の割高・割安を測る指標。シラーPERが25倍以上になると割高と言われる。 インフレ調整をすることで一般的な...
投資を学ぶ

『臆病な人でもうまくいく投資法』は11人の投資家の実例付き入門書

図書館で借りてきた『臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話』を読み終わりました。 投資信託を活用して、長期で資産形成に取り組む「コツコツ投資」をお勧めする内容です。 ...
投資を学ぶ

【どうして?】コロナは収まっていないのに株式市場は値を戻す理由

まだまだ世界的に新型コロナウイルス感染症は収まる気配が見えません。ところが、株式市場はすっかりコロナ前の水準まで値を戻しつつあります。なぜでしょうか? このことについてVanguradの公式HP(英語版)に面白い考察が載っていました。...
投資を学ぶ

『お金持ちになれる黄金の羽の拾い方』を読んで経済的独立を目指そう

前から気になっていた『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)』を読み終えました。 制度の「ゆがみ」から発生しうる「幸運」をつかむ 内容を簡潔に表すと「制度(ルール)は万人に平等に公表されて...
投資を学ぶ

「漫画 バビロン大富豪の教え」は子どもの金融教育の主役したい本

お福 わが子には、子どものうちから金銭感覚を自然に身につけてもらいたい。将来は、お金に悩まず、自由で幸せな人生を送って欲しい。 そんな思いをもっている人にお勧めなのが「漫画 バビロン大富豪の教え」です...
タイトルとURLをコピーしました